任意保険

『Q&Aメニュー』
【Q:保険証券の項目には、対人とか人身いろいろあるけど、それぞれの内容について教えてください。】


【Q:保険証券の項目には、対人とか人身いろいろあるけど、それぞれの内容について教えてください。
A:保険証券には、さまざまな項目があります。ここでは、それぞれの項目について説明していきます。なお、お勧め保険金額はオンライン試算などの参考になれば幸いです。
・(対人賠償責任保険)・(対物賠償責任保険
・(人身傷害保険) ・(搭乗者傷害特約)
・(自損事故傷害特約)・(無保険車事故傷害特約

《対人賠償責任保険》
・自動車事故により、歩行者や他の車に乗車中の方などを死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合に、自動車損害賠償責任保険等で支払われるべき部分を超える部分に対し保険金を支払います。
・簡単に言うと、事故をして相手にケガを負わせてしまった時には相手から、治療費や事故によって得られなかった給料(休業補償)、他に慰謝料などを請求されますので、自動車損害賠償責任保険等で支払われる金額を超えて賠償しなければならない分を支払ってくれる保険です。

※対人賠償は、その性格上どれくらいの額になるかわかりませんので、無制限で入っておくことをお勧めします。  戻る


《対物賠償責任保険》
・自動車事故により、他人の車や電柱などに損害を与え、法律上の損害賠償責任を負担する場合に保険金をお支払いします。
・簡単に言うと、事故をして相手の物を壊してしまった時には相手から、修理費(車の修理費はもちろん、家屋やショウルーム、ガードレールなど)などを請求されますので、賠償しなければならない分を支払ってくれる保険です。

※対物賠償の支払額も車だけとは限らずいくらになるかわからないので、ここも無制限での加入をお勧めします。  戻る


《人身傷害保険》
・自動車事故により、お車に乗車中の方(運転者も含みます)が死傷されたときに、過失割合にかかわらず、ご契約金額の範囲内で実際に生じた損害に対して保険金をお支払いします。なお、特約をセットすることにより保険にご加入の方やその家族については、歩行中や他人の車に搭乗中などでもお支払いの対象になります。
・簡単に言うと、事故によってお客様自身が身体に損害を被った時に、その治療費や休業補償分などを保険会社に請求すると実際に必要な費用を保険金として受取ることができる保険です。   戻る


《搭乗者傷害特約》
・ご契約のお車に乗車中の方(運転者を含みます)が死亡されたり、後遺障害または傷害を被られた場合、あらかじめ定められた補償額に基づいて保険金をお支払いします。
・簡単に言うと、事故によってお客様自身が身体に傷害を被った時に、実際にかかった治療費等をお支払いするのではなくあらかじめ決められた金額のみを保険金として受取ることができる保険です。  戻る


《自損事故傷害特約》
・ご契約のお車の保有者、運転者または乗車中の方が自損事故(自動車が電柱に衝突したり、崖から転落した場合など)により死傷され、自賠責保険等の補償の対象外の場合に保険金をお支払いします。
・簡単に言うと、お客様が単独で事故をされた場合に、そのお車に乗車中の方が身体に傷害を被った時に、実際にかかった治療費等をお支払いするのではなくあらかじめ決められた金額のみを保険金として受取ることができる保険です。
  戻る


《無保険車事故傷害特約》
・ご契約のお車に乗車中の方が他の自動車との事故で死亡または後遺障害を被り、他の自動車が無保険車であるなどの理由から十分な補償を受けられない場合に保険金をお支払いします。
・簡単に言うと、事故をした相手が保険に加入していない時には、いくら自分が悪くなくても相手から補償してもらえないので、それでは困るので死亡か後遺障害を負ってしまった場合に限って保険金として受取ることができる保険です。
  戻る



このホームページは、自動車保険の概要についてご紹介したものです。取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

※ここに記載してある内容は、なるべく分かりやすいように専門用語を極力使わず、また保険会社も特定しないような内容で書かれている為、お持ちの約款(保険の説明書のようなもの)と比べると、若干異なる点があると思いますので、詳しい内容は個々の保険会社のホームページ等で確認して下さい。 

東京海上日動火災保険梶@代理店 樺ム植自動車和合 TEL0561-38-0123   17-T08014 (2017/12)