一般整備

【Q:オイル交換はなぜ必要なの?】
【Q:どんな時に交換したらいいの?】

【Q:オイル交換はなぜ必要なの?】
A:オイル交換というと一般的にはエンジンオイルのことを指していることが多いようですのでここでは、エンジンオイルの大切な5つの働きについて説明します。

  1. 潤滑作用
    ・エンジンの各部品同士の摩擦を減らし、エンジンを滑らかに回転させます。
  2. 清浄作用
    ・エンジン内を循環することにより、エンジン内部に発生する汚れをオイルエレメントにより取り除きます。
  3. 防錆作用
    ・エンジンを錆(サビ)や腐食から守ります。
  4. 冷却作用
    ・高温の部分から低温の部分へ、エンジン内を循環することによりエンジン内の熱を吸収発散し、エンジンの焼付きを防止します。
  5. 密封作用
    ・燃焼、爆発室の隙間をふさぎガス漏れを止め、エンジンのパワーを最大限に引き出します。

上記のような役割をエンジンオイルは行っているため、エンジンオイルは常に磨耗紛などにより汚れ、また温度変化や空気中の水分などにより劣化、酸化、腐食するために、定期的な交換が必要となります。

なお柘植自動車では、エンジンオイルの交換は自動車整備の中で最も重要なものだと考え、忘れがちなオイル交換をきちんとした時期にやっていただく為、
出張によるオイル交換もしております。お客様の都合の良い時に都合のつく場所でオイル交換しますので、是非ご利用下さい。

また、高性能オイルザーレンのキープ販売をお勧めしています。(キープ販売の利点としては、20リットルのオイルを前もって購入して頂くかわりに、オイル交換の際に無料簡易点検を実施させて頂きます。この無料簡易点検により、お客様の車の状態を定期的に把握することができ、一人一人のお客様にあったサービスを提供できるようになるという利点があります。)

【Q:どんな時に交換したらいいの?】
A:一般的には3000km〜5000km毎に交換をお勧めしているところが多いようですが、運転する人の乗り方や、車種または入れているオイルの性能によって交換時期は変化してきます。以下にある程度のパターンを示してましたので参考にしてください。

(年間6000kmも乗られない方)
・距離に関係なく半年に一度を目安に交換してください。

(年間6000kmから12000kmぐらい乗られる方)
・5000km走るか、6ヶ月経つかどちらか早いほうで交換してください。

(年間12000km以上乗られる方)
・5000km毎に交換し、半年に一度は簡易点検をお勧めします。