タイヤがパンクした時


・タイヤの交換は、地面が平らで固く、安全な場所で行ってください。

  1. 交換するタイヤの対角線上にあるタイヤに輪止めをする。
  2. スペアタイヤを取り出し、パンクしたタイヤ周辺の車の下にいれます。(ジャッキが外れた時の用心の為
  3. ジャッキアップする前に、ナットを対角線の順に軽く(半回転ほど)ゆるめます
  4. ジャッキアップポイントを取扱書などで確認し、ジャッキアップする
  5. ナットを外し(一番下のナットを最後に外すと作業が楽です)、タイヤを取ります
  6. スペアタイヤを取りつけます(この時、パンクしたタイヤを車の下へ)
  7. 一番下のナットから取りつけます(ナットの片側が斜めになっているものの場合は、斜めになっているほうをタイヤ側にしてつけます)
  8. レンチで仮締めしてからジャッキを徐々に下し、完全に下してから2,3回に分けて完全に締めつけます(足を使うほど締めつけるのは、締めすぎです)
  9. 作業に使った道具忘れずに(特に輪止め)車に載せて完了!!


戻る